Dynatraceランディングページのヘッダー

AIOpsにより、真に重要な作業にリソースを集中

DynatraceのAI「Davis®」は、継続的に問題を検出し、正確な根本原因を指摘するため、問題が顧客体験に影響を及ぼす前に数分で解決できます。

対話型ツアー

当て推量ではなく、
正確な情報を瞬時に参照。

DynatraceのDavis®を導入すれば、正確な情報を簡単に参照できるだけでなく、瞬時に、自動で、継続的に収集することもできるようになります。Davisによる自動化を進め、お客様の環境に幅広く詳細な情報を提供する仕組みについてご説明します。

Dynatrace davis explained

正確な根本原因を解明し、膨大な数のアラートを解消

Davisは数十億もの依存関係をミリ秒単位で継続的に処理し、問題を自動的に識別して、正確な根本原因分析を行います。機械学習の手法とは異なり、当て推量や、時間のかかるモデル学習は行いません。根本原因が特定されるため、問題が顧客体験に影響を及ぼす前に修正でき、イノベーションを生み出す時間を増やすことができます。

動的なクラウド環境を自動的に把握

Dynatraceは変化し続ける環境をリアルタイムで継続的に自動検出します。Davisは手作業で構成しなくとも、エンティティの相互関係を起動時に自動検出します。コンテナ化されたプロセスによりマイクロサービスが実行されている動的なKubernetes環境でも、自動的にマッピングされます。

高度な可観測性の活用

高度な可観測性により、状況に応じた情報を人工知能や自動化と組み合わせることができます。Dynatraceにより、可観測性の3つの柱である指標、ログ、トレースがUXやトポロジー情報で拡張されるため、Davisは観測対象データの完全な状況を把握できます。オープンなAPIにより、CI/CDパイプライン、クラウドプラットフォーム、サービス管理ツールから外部データソースを簡単に取り込めるため、さらに広範なAI処理が可能になります。

DynatraceはAIOps分野におけるG2リーダー企業です

Dynatraceが、AIOps製品群の「リーダー」に選出されました。こうしたユーザー評価は、IT、DevOps、デジタル体験のユースケースに対応し、自動化とインテリジェンスの促進を可能にする統一データモデルをベースに構築された、Dynatraceのオールインワンプラットフォームが持つ優位性を反映しています。
G2 Crowd Dynatraceリーダーバッジ
Experian社の背景
AIによって自律運用の下地を作ることで、人手を介さない自動修復ワークフローを構築できました。
デイビッド・シェパード氏 グローバルITサービスエクセレンス、サービスデリバリーマネージャー Experian
Dynatraceの独自性を生み出した背景

2022年ガートナー社マジック・クアドラントおよびCritical Capabilitiesレポートで評価

Dynatraceが2022年Gartner Magic Quadrant™ for APM and Observabilityのリーダーに選出され、2022年Gartner Critical Capabilitiesレポートでも6件のユースケースのうち4件に対して最高スコアを獲得した理由をご紹介します。

オールインワンのプラットフォーム

Dynatrace all in one platform 2200 00a4216720

AIOpsは、弊社のプラットフォームに搭載された機能の一例です。AIを活用したオールインワンの自動化プラットフォームであらゆる作業を自動化します。

無料トライアルをお申し込みください

AIと自動化を活用したインテリジェントな可観測性の効果を実感してみませんか。Dynatraceプラットフォームの無料トライアルを今すぐお申し込みください。
Dynatraceの無料トライアル