Dynatrace Application Monitoring

 

ギャップ、推測、限界を排除して問題を解消

主な機能


可視性、コンテキスト、コラボレーションの障壁を排除

LoBからアプリケーションやインフラのチームまで、すべての担当者が必要情報を入手して、共通認識を得ることができます。


すべてのトランザクションを宛先に関係なく追跡

アプリケーション、クラウド、サードパーティ製品、仮想階層、ユーザーデバイスなどを通過するトランザクションの流れを監視します。


あらゆるシステム、アプリケーションに1つのソリューションで対応

インフラストラクチャ、アプリケーション、ユーザー:あらゆる問題をいつでもどこでも確認できます。


エンドユーザーレベルからコードレベルに瞬時に移動

エンドユーザーの問題箇所を特定し、トランザクションのコールスタックをコードレベルで可視化します。


ギャップのないデータで盲点を排除

推測はもはや不要です。コンテキストのすべてのデータを絶えず取得します。


問題を再現せずにリプレイを共有

問題の根本原因を自動的にパッケージ化します。それをエクスポートして送信するだけです。


継続的デリバリープロセスに対応した設計

CI/CDシステムへの自動インタフェースにより、パフォーマンスを自動的に分析します。


簡素化、自動化して、複雑な処理を管理

適正なベースライン設定とアラート機能を備え、異常とエラーをスマートに検出します。


誤警報を排除

スマートなベースライン設定とアラート機能により、メールボックスが誤警報で溢れることは二度とありません。

可視性、コンテキスト、コラボレーションの障壁を排除

  • コンテキストを大局的に表示:企業経営者は、コンテキストの詳細を全体像でもシンプルに掘り下げた状態でも入手できます。
  • 適正な事業判断を加速:ユーザーが接触する全チャネルを確認し、そのデータを全体として活用します。
  • 顧客を把握:顧客の訪問ごとのコンテキスト情報から、自社のアプリケーションを使用している場所と用途をリアルタイムで把握します。
  • カスタムダッシュボードによる事業と技術のステークホルダーへのカスタマイズされた情報配信。
  • すぐに使える分析ユースケース:ユーザーエクスペリエンスやチャネルのような一般的な分析シナリオに関しては、あらかじめ設定された有用なデータセットが用意されています。

  機能一覧に戻る

すべてのトランザクションを宛先に関係なく追跡

  • クリックしてからインフラストラクチャの内部でメソッドが起動されたり、SQLステートメントが実行されたりするまでのトランザクションをすべて追跡します。
  • ランタイムを瞬時に可視化することで、グローバルまたはローカルな分散型アプリケーションの健全性を把握し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。
  • サービス、階層、相互依存性、階層間のタイミングのすべての論理トポロジーをリアルタイムで可視化します。
  • パブリッククラウド、サードパーティのAPI、NGINX、VMware、メインフレームコンポーネントなど、デリバリーチェーンの過去の盲点まで可視化を拡大します。

  機能一覧に戻る

あらゆるシステム、アプリケーションに1つのソリューションで対応

  • 1つのソリューションでインフラストラクチャとアプリケーションを監視します。
  • システムとメトリックに関する指標をアプリケーションのパフォーマンスおよび個々のトランザクションと関連付けます。
  • コードの実行不良や不要なDBのクエリからメモリリークやアーキテクチャ上のボトルネックまで、パフォーマンスの問題の根本原因を直ちに解決します。
  • 小規模な環境から大規模で国際的なマルチサイトデータセンターまでに対応する高度な柔軟性を提供するよう設計されています。

  機能一覧に戻る

エンドユーザーレベルからコードレベルに瞬時に移動

  • 全体像と詳細データ間をすばやく簡単に移動できます。
  • ユーザーエクスペリエンス管理と組み合わせて、トランザクションをエンドユーザーシステムからバックエンドシステムまで追跡します。
  • コードレベルの詳細データを取得するために、任意のトランザクションまでドリルダウンします。

  機能一覧に戻る

ギャップのないデータで盲点を排除

  • どのデータをどのように取得するかに悩んで時間を無駄にしてはいけません。データを100%取得して解析すると、意思決定にほとんど費用はかかりません。
  • 障害に至ったすべてのイベントを確認し、同じ問題の再発防止のために必要なコンテキストを取得します。
  • パフォーマンスの問題の根本原因をすばやく見つけることで、不満を持つユーザーはもちろん、すべてのユーザーのエクスペリエンスを向上させます。
  • パフォーマンスの優れたトランザクションと低いトランザクションを並べて比較します。

  機能一覧に戻る

問題を再現せずにリプレイを共有

  • セッションを記録してエビデンスを確保し、コラボレーションを可能にします。
  • 運用環境に変更を加えずに問題を解決するために、運用停止に至った問題を追跡し、パッケージ化して、開発部門とさまざまな形で共有します。
  • コーディングのスキルは必要ありません。インシデント発生時、直ちに必要なコードレベルの詳細データがアプリケーションのエキスパートに提供されます。
  • ログメッセージだけでなく完全なトランザクションコンテキストを確認すると、重要なビジネストランザクションのいずれが影響を受けるかが即座にわかります。
  • テストの自動化を担当するエンジニアは、同じ障害の再発を防ぐためにテスティングおよびデプロイメント戦略を改善することができます。

  機能一覧に戻る

継続的デリバリープロセスに対応した設計

  • 開発、テスト、運用に関する詳細なパフォーマンスデータを共有します。
  • Jenkins、Bamboo、TeamCityなどのCI/CDシステムへの自動インタフェース機能により、デリバリーパイプラインに信頼性の高いメトリックを導入します。
  • 運用の高速化につながるより安定したアプリケーションデータを提供します。データには、自動回帰分析、ならびに応答時間、構造上の相違、コードの実行、エラー、例外処理、データベースの各パフォーマンスの比較などがあります。

  機能一覧に戻る

簡素化、自動化して、複雑な処理を管理

  • Dynatraceはデプロイメントが容易でゼロコンフィギュレーションであるため、アプリケーションの管理を数分で開始できます。
  • 分散型環境内のすべてのアプリケーションとトランザクションの流れを自動検出し、マップ表示します。
  • アラートに関する自己学習型ベースライン、革新的なダッシュボード、自己相関のシステムモニタリングを活用できます。
  • 運用初期のスマートなエラー検出により、ユーザーよりも早く問題に気づくことができます。
  • システムがどれほど多くても、集中設定コンソールを使って設定、管理、更新を容易に実行します。
  • アクセスしたい人なら誰でも容易にアクセスできます。システムへのアクセスとパフォーマンス分析を切り離すことにより、すべてのステークホルダーに有用な1つのシステムを提供します。

  機能一覧に戻る

誤警報を排除

  • 平均値ではなくパーセンタイル値からの絶対偏差と相対偏差を通知するよう設定することにより、「誤判定」と誤ったアラートがなくなります。
  • スマートなベースライン設定により応答時間、故障率、スループットの統計特性を自動的に判断し、最新の統計モデルを使ってアプリケーションの動作を分析します。
  • 複雑なエンタープライズ環境におけるアプリケーションのデプロイおよび管理コストが大幅に低減します。

  機能一覧に戻る

「PurePath Technology®のおかげで、トランザクションをトレースしてパフォーマンスの問題が発生している場所をすばやく特定することができます。」



「Dynatraceは、MRIのようなもので、ミッションクリティカルなアプリケーションの全体を高解像度でスキャンしてくれます。」



 
 

ソリューションに潜むマジック:



Dynatraceが特許を取得しているPurePath Technology®は、超軽量で運用上の問題がなく、全トランザクションのタイミングとコードレベルのコンテキストをエンドツーエンドで取得する機能です。ユーザーがクリックすると、データがあらゆる階層にまたがりレコードデータベースとの間を行き来することで、正確で深く掘り下げた詳細な情報を入手できます。PurePath Technology®は、高精度のレポート、ビジネストランザクションの細かい分類、正確なSLA管理、市場における根本原因に至る最速のパスを提供します。



PureStack® Technologyは、ITインフラが重要なビジネスアプリケーションのパフォーマンスにどのように影響するかを明らかにする最初で唯一のソリューションです。DynatraceのPurePath Technology®と組み合わせることにより、PureStack® Technologyは、ゲストとホストのインフラの健全性を個々のアプリケーショントランザクションおよび影響を受けるエンドユーザーにリアルタイムで直接関連付けます。これにより、アプリケーションの運用者は、ユーザーエクスペリエンスとビジネスパフォーマンスにおけるインフラの問題が及ぼす影響をすばやく判断することができます。

 

DevOpsを考慮した構築

将来の不測の事態に備えて対応します

 
  • あらゆるビルド環境にシームレスに統合できるため、パフォーマンス主導の開発が、連続的でプロアクティブなプロセスへと進化し、最初から優れたアプリケーションを開発できます。
  • パフォーマンスの問題を見つけるために、ログを1つ1つ調べますか?Dynatraceなら、根本原因のある場所を示す相関性の高いコードレベルの詳細データを瞬時に提供します。
  • Dynatraceは、Jenkins、BambooとTeamCityなどのCI/CDシステムへの自動インタフェース機能により、デリバリーパイプラインに信頼性の高い指標を提供する唯一のソリューションです。
  • 開発者は1つのダッシュボードを見るだけで、機能的な観点に加えてパフォーマンスの観点からも現在のビルドステータスを知ることができます。
  • 本番環境で問題が検出された場合、運用チームは、詳しい原因分析と迅速な解決を図るために必要な詳細情報をアプリケーションサポートおよび開発チームと共有できます。
  • スマートなベースライン設定機能により、アプリケーションの通常の動作状態を知り、異常動作を自動検出することができます。
  • トリアージを短時間でより正確に行うために、アプリケーション、ゲストOS、仮想およびホストサーバーの詳細情報が自動的に提供されます。SLAやその他のルールに違反するトランザクションはすべて取得されます。
  • 分散型環境では、サービス、階層、相互依存性、階層間のタイミングがリアルタイムで自動生成されます。特定のトランザクションタイプが任意の時点で実行される様子がわかります。
  • アプリケーションのアーキテクチャが運用中にスケーリングして期待どおりに動作することを確認するために、検証を行ってください。アーキテクチャがいかに複雑でも、または分散型であっても、アプリケーションからバックエンドへのリクエストパスを追跡できます。
  • 新しいビルドを絶えずデプロイして運用していますか?運用ビルドと開発ビルドの違いをコードレベルで明らかにするビルド間の比較により、リグレッションが自動的に検出されます。デプロイ用の新しいバージョンはすぐに入手できます。
  • Javaのエキスパートでない?心配ありません。Dynatraceは、パフォーマンスの問題の根本原因をパッケージ化するので、ユーザーはエクスポートして共有するだけです。開発者は問題を再現しなくても、オフラインで使い慣れた形式を使用して関連するデータを分析できます。