Dynatraceの価格設定


シンプル。
高い透明性。
高い柔軟性。
アプリケーションパフォーマンス
インフラストラクチャーモニタリング
AIOps
デジタルビジネスアナリティクス
デジタルエクスペリエンス
フルスタック
モニタリング
月額
69ドルから
一括年払いでのご請求(8GBホストあたり)
インフラストラクチャー
モニタリング
月額
21ドルから
一括年払いでのご請求(8GBホストあたり)
デジタルエクスペリエンス
モニタリング
月額
11ドルから
一括年払いでのご請求(10kデジタルエクスペリエンスモニタリングユニット*)
shapes
シンプル

膨大なSKUと制限がある他製品と異なり、Dynatrace製品は必要な分だけ購入できます。

icon symbolizing transparency
予測可能で透明性のある価格設定

予測可能なボリューム割引で費用対効果の高い成長を実現します。

arrows outwards
フレキシブル

モーデン環境はダイナミックに変動します。必要に応じて、フルスタック監視、インフラストラクチャ監視、デジタル体験監視を自由に組み合わせて利用できます。

フルスタック監視
月額
7,490円から
1年分ごとに請求、8GB ホストあたり
フリートライアル デモをリクエスト

大規模構成でのハイブリッドクラウドとマルチクラウドにわたるアプリとインフラストラクチャの高度な可視性

  • APM、インフラストラクチャ監視、AI運用、デジタルによるビジネス分析が含まれます
  • 自動連続フルスタック計測
  • Webスケールのボリューム向けのOneAgentを利用し、コードレベルの詳細な可視性、メタデータなどを備えた分散トレース
  • コンテキスト内の指標、ログ、トレース。Smartscapeによる自動エンティティモデル、フルトポロジー、詳細な依存関係マッピング
  • 無制限のAI支援によりDavis®を使用した正確な根本原因の特定
  • 400以上のテクノロジーを統合するシンプルな拡張性。OpenTelemetry、OpenTracing、TraceContextなどのオープン規格に適した設計
  • フレキシブルなデプロイメント – SaaSとマネージド
フルスタック監視の詳細を見る > chevron
インフラストラクチャ監視
月額
2,250円から
1年分ごとに請求、8GB ホストあたり
フリートライアル デモをリクエスト

クラウドプラットフォーム、コンテナ、データセンターテクノロジーの高度な可視性

  • インフラストラクチャ監視、AI運用、デジタルによるビジネス分析が含まれます
  • 無制限のコンテナとネットワークプロセスの監視
  • テクノロジーデータ統合のためのホストごとに200のカスタム指標
  • 無制限のAI支援による異常検出と根本原因特定
  • ログエントリの無制限のアドホック解析
  • 400以上のテクノロジーを統合するシンプルな拡張性。Prometheus、StatsD、Telegrafなどのオープンデータソースにも対応
インフラストラクチャ監視の詳細を見る > chevron
デジタル体験監視
月額
1,200円から
1年分ごとに請求、10k デジタル体験監視ユニット*
デジタル体験監視ユニット – Synthetic、リアルユーザーモニタリングおよびセッションリプレイ
フリートライアル デモをリクエスト

モバイル、ウェブ、ハイブリッド、IoTアプリケーション全体でユーザー体験を最適化

  • デジタル体験監視、AI運用、デジタルによるビジネス解析が含まれます
  • 実際のユーザーの監視、総合的な監視、セッションの再生を活用するフレキシビリティ
  • ブラウザのクリックパス、単一ページ、APIを総合的に監視
  • 一般的な分析によるモバイル、ハイブリッドおよび単一ページアプリケーションでの実際のユーザーの監視
  • Adobe、GoogleなどのWeb分析とのワンクリック統合
  • ユーザーのGDPR要件を満たすよう、プライバシーとセキュリティに配慮して構築
  • DynatraceのBusiness Insightsは、業界に関する深い知識で分析を広げます
デジタル体験監視の詳細を見る > chevron

よくある質問(FAQ)


Dynatraceを購入する前に試すことはできますか?
はい、ぜひ本日からDynatrace無料トライアルでお試しください。
より大きなDynatraceライセンスを購入すると、ボリューム割引が適用されますか?
はい、モニタリング対象が増えるほど単位価格が低くなります。事前決定型の価格設定により、先を見通した規模拡大が可能となります。
導入方法にはどのような選択肢がありますか?
DynatraceをではSaaSとマネージドのモデルを提供しています。マネージドではSaaSと同様のエクスペリエンスを提供しながら、ユーザーのプライベートなデータセンターまたはお好みのクラウドでのデータ処理やストレージが可能となります。
ライセンスの単位で「ホストユニット」とは何を意味しますか?
Dynatraceではホストの容量の判定に監視サーバのRAM量を使用しています。このアプローチの利点はシンプルであることです―技術別の要素は考慮しません(例えば、サーバでホストされているJVMやマイクロサービスの数等)。
ライセンスの単位で「デジタルエクスペリエンスモニタリング(DEM)ユニット」とは何を意味しますか?
デジタルエクスペリエンスマネジメント(DEM)ユニットに基づき、Dynatraceシンセティックモニタリング、リアルユーザーモニタリング、セッションリプレイが柔軟に使用されます。必要となるDEMユニット量はシンセティック監視をいくつ行うか、およびいくつのユーザーセッションを監視するかにより決まります。

Dynatraceプラットフォームの価値


フルスタックAPM、インフラストラクチャ監視、デジタル体験監視、デジタルビジネス分析およびAIOpsのためのオールインワンプラットフォーム

Advanced Observability 先進のオブザーバビリティ(可観測性)
単なる指標やログ、トレースに留まらないソリューションです。縦割りの弊害も、ツールのスプロール(無秩序な拡大)も、自力で対処する費用の心配もありません
Continuous Automation 継続的な自動化
設定や手作業での分析による時間のロスをなくします。BizDevOps(ビズデブオプス)の使用ケースを自動化します
AI-Assistance AI支援
チームがより付加価値の高いタスクに集中し、積極的に行動し、イノベーションに取り組めるようになります
Cross-Team Collaboration チームの垣根を超えたコラボレーション
縦割りの弊害をなくし、チームワークを加速します
dollar with arrow ユーザーエクスペリエンスとビジネスアナリティクス
アウトサイド・イン(外側から内側)の視点がもたらされ、よりよいビジネス成果に導きます

Dynatraceを選ぶべき理由