メインフレームのパフォーマンス管理

メインフレーム向けアプリケーションパフォーマンス管理

  • モバイルデバイスでエンドユーザーが開始する個々のトランザクションがエンドツーエンドのビューを含めて、すべて可視化され、すべてのシステムと層をチームがビジュアルに理解できます

  • メッセージングサービスやデータインタラクションを含む個々のトランザクションをエンドツーエンドで迅速に追跡して、これまで見えなかったものを可視化します

  • インターネットのエッジからメインフレームの深部まで、分散されたメインフレームチームを統一管理することによって、優れたMIPS管理と迅速な問題解決を実現します

メインフレーム技術者が不足している?複雑なアプリケーションを容易に管理します!

  • メインフレームレベルのトランザクションを把握できる機能を追加設定なしですぐに使用できます

  • 分散された複数のメインフレームチームが1つのビューを介して連携できます

  • 必要に応じて、外部や新規の関係者にメインフレームの可視化情報を迅速に提供します

新しいアプリケーションの実装時に様々な方法でメインフレームを調整

  • トランザクションの実行数を把握し、必要なトランザクションの種類とトランザクションでのSQL呼び出し数を決定します

  • 詳細情報を得てオーバーヘッドを削減 - 複数行と単一行のどちらのFETCHステートメントを使うかで20~40%オーバーヘッドを削減できます

  • ビジネスで重要性の高い頻繁に使用するトランザクションと関連SQLを調整することでコスト削減とパフォーマンス改善を実現します

IBMの新しいMobile Workload Pricingはメインフレームのトランザクションコストを60%削減

  • IBMのMobile Workload Reporting Tool(MWRT)を活用して、継続する4時間ごとの月平均使用量(R4HA)を削減します

  • CICSやIMSエージェントを使って、モバイルのワークロードとモバイル以外のワークロードを容易に分類できます

  • モバイルのワークロードが増えても、Dynatraceは週7日24時間、常にトランザクションを追跡して必要なデータを収集し、IBMの使用料金を節減します

パフォーマンスを管理しながらトラブルシューティングにかかる作業を80%近くまで削減

  • エージェントはCICS、IMS、Javaをサポートしている上、メインフレームのアプリケーションに関するあらゆる詳細情報を提供します

  • モバイルからメインフレームまで、各ステップの詳細なブレークダウンを再検討します

  • パフォーマンス問題を迅速に解決します

  • ユーザーの操作をエンドツーエンドで追跡し、問題のプロアクティブな解決と顧客満足の維持に必要な情報を企業全体に提供します