DevOpsと継続的デリバリー

コラボレーションを通じて信頼性の高いアプリを短期間で構築

優れたアプリケーションを無駄のない工程で効率的かつ安定的に構築します。


より安定したアプリケーションをより早く運用できます。


ユーザーエクスペリエンスの問題を検出して、問題が表面化する前に根本原因を切り分けます。


複数のチームやサードパーティベンダーと効率的にコラボレーションできます。


開発向けDynatrace

自動化されたリグレッション検出 - 現在のビルドと他のビルドまたは運用中の「ゴールドマスター」を容易に比較してパフォーマンスKPIの詳細な差分分析を実行します。


自動生成UMLシーケンスと動的トランザクションフローダイアグラムを使用してアーキテクチャを早期かつ頻繁に検証することにより、アプリケーションパフォーマンスを確保できます。


IDEツールおよび継続的統合ツールと容易に統合できます。


問題のコンテキスト(運用で相関性のあるコードレベルの詳細情報を含む)を再現することで、面倒な問題再現作業を排除します。


テスト向けDynatrace

安定したアプリケーションを運用環境にスピーディに導入 - 自動リグレッション分析に加えて、応答時間、構造差、コード実行、エラー、例外、データベースパフォーマンスを自動的に比較します。


開発部門にわかりやすい言葉で情報を提供します。


パフォーマンス問題の検出と解決という手間のかかる工程を自動化してテストサイクルを加速化します。


仮想ユーザーのグローバルネットワークから「アウトサイドイン」アプローチでWebとモバイルのパフォーマンステストを実行できます。


運用向けDynatrace

実ユーザー、疑似、サードパーティサービスおよびビジネスの分析によりユーザーエクスペリエンスを完全に可視化します。


Webやクラウドからモバイル、エンタープライズまで、あらゆるチャネルとアプリケーションでのユーザーエクスペリエンスを1つのソリューションで把握できます。


根本原因を迅速に発見 – Webサーバーやアプリケーションサーバーから、メッセージングミドルウェア、エンタープライズサービスバス、データベース、外部サービスの呼び出しまでを含む、様々な場所で発生する全トランザクションをトランザクションフローとして可視化します。


ユーザーに影響が及ぶ前に問題をプロアクティブに検出して特定し、問題のコンテキストを関係チームと共有して迅速に解決します。


Web負荷テスト向けDynatrace

仮想ユーザーのグローバルネットワークから「アウトサイドイン」アプローチでテストを実行します。


サードパーティのパフォーマンスと信頼性を確保 - 顧客に影響が及ぶ前にグローバルなラストマイルネットワークからエンドユーザーエクスペリエンスをテストします。


記録されたセッションが、開発、QA、運用チームに共通の作業プラットフォームを提供します。


今回と次回の負荷テストにおけるパフォーマンスの違いを把握できます。